カードローンの上手な利用法とやってはいけない借り方

初めてカードローンを利用する時には金利の低い所を選ぶ

カードローンの便利なところは、緊急にお金が必要になった時にすぐに借りることができる点です。今現在は必要なくても、急にお金が必要になる時期はあります。その時のためにカードローンが利用できるようにしておくことは必要です。カードを持っていても年会費は無料ですから損にはならないのです。初めてカードローンを選ぶ時には、たくさんある中から選ぶことになります。それらを比較する場合、まず金利の違いに注意する必要があります。

収入証明書の提出が不要の金融会社を選ぶ

消費者金融より金利の方が金利は低いですが、同じ消費者金融の中でも低い所があります。例え小さな金利差でも利用する金額によっては総返済額がかなり違ってきます。カードローンを利用する時には金融会社に申し込むのですが、必ず審査があります。審査の基準は毎月安定した収入があるかどうかです。不定期のアルバイトやパートをしている人は、審査のとおりやすい消費者金融を選ぶようにします。最近は50万円までの借り入れなら収入証明書がいらない所が増えています。

賢い利用法は1社のカードローンを長く利用する

カードローンは必要な時にお金を借りられるので非常に便利ですが、利用法が大事です。なるべく1社のカードを利用する方がメリットは大きくなります。借りた金額を毎月きちんと返済していると金融会社からの信頼度が上がって、利用限度額も大きくしてくれます。利用法で最もやってはいけないのが、1社の返済ができなくなった場合に別のカードでお金を借りて返済するという方法です。これをやると借金が雪だるま式に膨らんでしまいます。多くても3社ぐらいにしておくのが無難です。

カードローンは金利や審査スピード、限度額などが各業者で異なるので、カードローンの比較ランキングなどを参考にすることをおすすめします。