自己破産の弁護士費用 どのくらいかかるのか

自己破産を行う理由とは

借金が膨れ上がってしまい、返済が難しくなった時に考えたいのが自己破産です。自分の給料だけではどうやっても返済できないということが裁判によって認められると、借金の返済義務がなくなるので生活が楽になります。自分一人で自己破産の手続等を行うことも可能ですが、そのためには裁判所に行く時間をとったり資料を集めるなどの作業が必要になるので、日常生活に大きな支障をきたしてしまう可能性があります。そんな時にはプロである弁護士に頼んでしまいましょう。

自己破産の弁護士費用は

自己破産を依頼するときの弁護士費用は、法律事務所や自己破産の手続きを行う時に処分する財産があるかどうかによっても変わってきますが、20〜50万円ほどの費用が掛かります。この費用は弁護士事務所によって違ってくるので、ネットなどで調べて近くて安い弁護士事務所を探してみるのも良いでしょう。また、これらの弁護士費用とは別に裁判所へ予納金の支払いも行わなくてはならないため、実際には別途20〜50万円の費用が必要になってきます。

弁護士費用が払えない時には

自己破産を行う人はお金が無く、生活に困っているから依頼してくる人です。そのため、弁護士側もそれはわかっていて、免責後に分割払いを受け付けている弁護士事務所は多くあります。また、どうしても費用の負担が難しいという場合には、法テラスを頼るという方法もあります。法テラスでは無利子で弁護士費用などを立て替えてくれ、毎月5000円〜1万円ほどの額の分割返済を行っています。利用のためには収入の制限などがありますが相談は無料です。一度検討してみるのもいいのではないでしょうか。

自己破産するときの目安としては、毎月の収入、その20倍以上の借金があることとなります。こうなると債務の返済は難しいと判断されます。