税金のプロであるが不動産のことを知っている人が少ない

税理士は何をしてくれるのか

身近な家族が亡くなった時はとても悲しいものですが、その家族には故人が財産を残していてくれているかも知れません。そこで、その財産のほとんどは不動産がと言われています。この財産について一定以上の財産がある場合には申告をして相続税を支払わなければなりませんが、相続税の相談は専門の相続税の税理士へ相談されることをお勧めします。一般の税理士では税制のことは良く理解していても、不動産の事について理解している方は少ないからなのです。

不動産の評価で税額が大きく変わることもある

不動産等の遺産を相続する際には注意して置くような事があります。単に路線価と登記されている登記簿面積だけで相続税を判断している方もいます。しかし、土地には複雑な形態がありますから、単純に計算していると本当は支払わなくても良い相続税を支払わなければならない事も起こりうる可能性があるからです。相続するその財産が大きくなってしまえば税率も高くなっていきますので注意が必要です。不動産のことを良く理解していて評価額を下げてくれる税理士へ相談するようにしましょう。

報酬はなるべく少なくしたいのがあたり前

相続税額の計算は税理士が行ってくれますが、税理士へ支払う報酬はだれでも少なくしたいと考える訳ですが、安易に安く請け負ってくれる税理士にも気を付けなければなりません。遺産の相続はその遺産額が多ければ少なからず多少の問題が発生してきます。また、遺産の額を確定にするにも調べなければならない事も多く、後で他に調査に時間と手間が掛ってしまい、別途費用の請求が発生する場合も考えられますので、不動産も事も良く理解している税理士へ相談されるようにして下さい。

相続税の税理士は仕事内容が多く、専門的な知識が必要な仕事のため儲かります。しかし、常に税について勉強する必要もあります。