クレジットカードの審査について

まずは収入が大きな基準に

クレジットカードをこれからほしいと考えている人は、クレジットカードを発行している会社の審査に通る必要があります。この審査基準を満たすことができないとカードを発行してもらうことができません。基準の内容は公表されている部分と公表されていない部分がありますが、絶対的に必要な条件が収入があるということです。正社員であっても契約社員であってもきちんとした定期的な収入がなければカード契約をすることができないことが多いです。

2つ目にどの程度の収入か

クレジットカードの審査内容で2つ目に重要視をされてくるのが収入の量です。カード会社としてみれば、カードを発行するということは一時的にカード保有者の支払いを肩代わりすることになります。そのため、返済をすることができる能力がなければカードを発行することができませんし、返済能力に応じた金額しか貸し出すことができません。審査基準には収入の量も大きなポイントになり、収入が多いほどたくさんの金額を利用できるようになります。

カードの履歴も大きなポイントに

クレジットカードの審査基準で重要視されてくるのがカードの利用履歴です。過去にカードを契約したことがあるのかどうか、そのときに支払いがきちんと行われていたのかどうかは大きな審査基準となります。カードの使用があり、きちんと支払いができている人は信用のある人になりますが、返済が頻繁に滞るようなことがある人では信用のない人となり、カードの発行ができなかったり、利用することができる限度額が少なくなったりします。

クレジットカードの審査では、職業は問わない所が多くなってきています。どちらかというと、その人が他の支払で滞っていることがないかが一番重要です。