相続税の申告と相続税の準備について

相続と相続税の注意点

相続が発生した場合にはさまざまな手続きを行う必要があります。まず遺産分割を行います。これは遺言など被相続人の意思が表示されていない場合には、相続人同士で協議した結果誰がどの資産をどれだけ取得するかということを決めていきます。その後その遺産分割の結果を協議書にしたのちに各資産の名義変更をする必要があります。また亡くなった人が保有していた財産がいくらかによって場合によっては相続税が課税される場合もあります。

相続税の申告と納付期限

もし相続税の申告が必要であった場合には相続税の申告書を期限までに税務署に提出する必要があります。この申告書は被相続人が亡くなった住所地を管轄する税務署へ提出します。申告書の期限は、被相続人が亡くなったことを知った日から10か月以内に申告書を提出する必要があります。この亡くなった日というのは基本的には文字通りですが、失踪などの場合には失踪宣告がなされた日を亡くなった日とみなして相続税の申告期限が定められます。

相続税の準備について

相続税の準備だけでも一般の人にとっては非常に時間と手間のかかる作業になります。そのうえで申告書の作成や提出まで行うことは難しくその場合には相続の申告を税理士に依頼することになります。また相続人が納めるべき金銭を準備しておくことも大切です。特に取得した財産が不動産などの換金性の低い財産で金銭ではない場合には注意が必要です。その理由としては相続税分を相続人が自分の財産によって手当することになるからです。

相続の申告を税理士にお願いすると面倒な手続きをお任せする事ができます。相続額が5000万円を超えると、相続税が発生します。相続額によって税額が変わってきますが、お任せする方がスムーズに進みます。