洋服づくりで重要な役割を担う!パタンナーになるための学びの場

ファッション業界でのパタンナーの役割

ファッションデザインでも洋服のシルエットをかたちづくる上で重要な役割を担うのがパタンナーなんですよ。パナンナーはデザイナーがデザインしたものを型紙におこす作業を行い、身体に沿った美しいラインをつくり出します。ファッションに携わる仕事の中でもパタンナーはニーズの多い職種ですが、この重要な作業を学ぶ為には専門の教育機関で学ぶ事が必要なんですよね。その為、服飾関連の専門学校で洋服づくりの基礎からパターンのおこし方までを学ぶケースが一般的です。

パタンナーが評価されるポイント

パタンナーになるためにはデザイナーがデザインしたものを立体的な洋服に仕上げる技術が必要です。このことから専門職となるパタンナーには資格が必要だと思われふがちですが、この職種には専門資格がないんですよ。その為、就職の際には実務経験が重要な評価対象とされ、その他にも専門学校で学んだ内容や学生時代の作品等が評価されることになります。その為、パタンナーは実践的なスキルが重視され仕事に就くことが一般的です。

パタンナーに求められるファッションの知識

パタンナーとして活躍する為にはデザインをパターンにおこすだけではなく、様々な素材の性質を把握した上で型紙におこしたり、洋服の製造過程を詳しく把握しておく事も大切です。また、ファッションの流行のスタイルや流行の素材にも精通しておくことが求められるので、ファッション関係の情報を絶えず収集しておく事が必要なんですよ。このことから服飾の専門学校でデザイナー志望の学生たちと共同作業に従事する経験が大変役立つんですよね。

服飾の専門学校とは、復職について学べる専門学校のことです。服のデザイナーやパタンナーになるための技術の習得などが行われます。