資産運用に潜むワナ!?代用有価証券の活用における注意点

信用取引では証券を担保にすることができる

信用取引は、証券会社などから資金や株といった有価物を借りて行う取引です。信用取引以外でも、一般に有価物を借りるためには担保が必要です。信用取引における担保は『委託証拠金』と呼ばれ、取引において生じた損失を埋め合わせる使途で活用されます。この委託証拠金については、多くの証券会社が証券で充当できる制度を設けています。このように委託証拠金に充当される証券のことは『代用有価証券』と呼ばれ、証券会社独自の基準で信用取引の担保として流用されています。

代用有価証券による取引は大変利便性が高い

例えば、長期保有が前提となっている銘柄や株価が横ばいで全く動かずに塩漬けにしている銘柄など、売却できずに保有し続けている株があるのであれば、信用取引の担保として委託証拠金に充当すれば、別途資金を用意することなく信用取引を行えるようになります。もちろん損失が生じてしまった場合、最悪では代用有価証券が強制決済されて補填に回されてしまうこともありますが、利益確定や株主優待の無償取得に活用を限定すればそうしたリスクからは解放されます。上手くすれば代用有価証券を全く傷つけることなく利益を得ることも可能なため、眠っている証券は積極的に活用したい所ですね。

代用有価証券を運用する際にも注意すべき点が

活用するシーンを選べば、担保として充当した代用有価証券を全く損なうことなく信用取引で利益を出すことができます。しかし、一つ注意しておかなければならない点があります。それは代用有価証券は当然証券であるため、その価値は日々変動するということです。大幅に株価が下落して代用有価証券の価値も下がり、それによって追証が発生してしまうケースも十分に考えられます。信用取引で代用有価証券を活用する場合は、ぎりぎりの比率で運用するのではなく、その価値を半分以下に見込む程度のセーフティラインを設定した上で活用するようにしましょう。

ほとんどの有価証券は、信用取引の担保として有効ですが、一部適用出来ないものがあります。たとえば個人向け国債やミニ株は担保価値がありません。