他の試験にはない特徴も!税理士試験の基礎知識

科目合格制が珍しい税理士試験

税理士試験は、法律系の国家試験になります。この試験に合格をすると、晴れて税理士として活動をしていくことができます。税理士は年収も高くなりがちですし、大変世の中の役に立つ仕事です。サラリーマンを辞めて試験を目指すという人も多いです。この試験の特徴は、やはり科目合格制を採用しているところでしょう。一科目ずつ合格をしていけばいいのであって、働きながらでも徐々に最終合格に近づいていけます。精神的なストレスは割と感じずに試験勉強ができることでしょう。

選択科目は自分の得意なものを選べばいい

一部の科目は選択式になっています。つまり、自分の得意とするものを選べばいいわけで、その点でもストレスが少なくて済みますよね。苦手なものを無理やり勉強していく必要がないのは素晴らしいメリットです。ただ、もちろん合格をした後には、選ばなかった分野のことについてもしっかりと勉強をしていく必要があります。税理士は法律のプロですから、弁護士と同じように大きな責任があるのです。楽をして合格したとしても、あとでその分はきちんとカバーしておくべきです。

時間を掛けて最終合格が目指せる

普通の法律系の試験は、一部が合格点に達していたとしても、その点数を翌年に持ち越すことはできません。短答式の点数は合格圏内だったとしても、論文式の点数が伸びずに不合格だったなら、翌年もまた短答式の試験から受けなければならないのです。ですが、税理士試験は科目合格制なので、一つの科目が合格点に達していたなら、その試験については翌年以降は受ける必要すらなくなります。資格のように一生合格をしたという記録が残り続けて、二度と受ける必要はないのです。

葛飾区の税理士に相談をすることで、誰しも確定申告の手続きや相続税の計算をスムーズに行うことができます。